マイナビ転職に掲載される前にやること

021558

このサイトは、マイナビ転職に求人広告を出稿しようとしている方に向けて書かれたサイトです。

掲載される前に、基本事項の確認のために役立ててください。

●マイナビ転職という媒体

元々は毎日就活ナビが行っていたサービスを受け継いだものが、マイナビ転職です。

会員数は約260万人、掲載求人情報は3000件で、日本最大級の規模を誇っています。

得意分野・取り扱いの多い分野は特になく、募集年代も求人分野も幅広く取り扱っています。

火曜と金曜の週二回の更新です。

●転職コーチについて

マイナビ転職で行っている転職支援サービスをご紹介します。

どのような人がマイナビ転職に登録するのかを想定するのに役立ててください。

「履歴書コーチ」はWEB上で履歴書を添削してくれるサービスです。

強みを全面に押し出すことに力点を置いています。

「面接コーチ」もWEB上のもので、効果的な解答例を示してくれます。

「求人紹介」は、登録情報を元にふさわしい求人情報を5件程度紹介してくれるものです。

転職サイトがどれだけ関わるのか、という問題はありますが、これらのサービスは初心者用と考えてもよさそうです。

●転職サイトの直接指導

転職コーチの欄にも書きましたが、最近ではサイトのサービスとして、直接登録者を指導することが増えています。

これは、企業とのマッチングを進めることを目的にしています。

書類でも面接でも、選考段階で、「ウチの企業には合わない」と思われることを減らすこと。

いざ就職したものの、早期に退職することを減らすための制度です。

早期退職を繰り返せば、転職サイトの収入は増えることになりますが、これでは信頼を失うことになります。

応募者、媒体、企業の誰もが満足できる体制を作る努力は今後も続けられるでしょう。

●スカウト情報

最近では、どのサイトもスカウト制度を導入しています。

自分の情報を登録しておけば、企業の方から接触をしてくるというサービスです。

媒体によって少しずつスカウト制度も違います。

マイナビ転職では、非公開求人の割合は低いですが、スカウト制度に登録しておけば情報が届きます。

また、書類選考が免除になり、面接が保証される求人もあります。

企業としては、公開か非公開化を選ぶことが出来ます。

●まとめ

マイナビ転職に掲載を希望するのなら、マイナビ転職の傾向をおさえておく必要があるので、このサイトで紹介しました。

より効果的な掲載を目指すのであれば、求人広告代理店を利用するという手段もあります。

自社にとって有効な手段を選んでみてください。