採用サイト制作|制作するメリット

pexels-photo-261706

企業サイトがあるのに、採用サイト制作をする必要があるのか?
採用サイト制作をする前に一度は考えなければいけない重要なことです。
採用サイト制作をするのにはコストも時間もかかります。ではなぜ採用サイトを制作するのでしょうか。
今回は採用サイト制作のメリットについて考えます。


pexels-photo-433313

採用サイト制作をするメリットとは

メリット① 応募者数を増やす

まず最初に応募してもらうには自社について知ってもらわなければいけません。大手企業に応募者が殺到するのは、【その分野で名前が知られている】からです。
同じ事業を行っている企業があっても、その企業のことを知らなければ応募することはできません。
そのため応募人数が少なく、なかなか自社にマッチした人を見つけられないという事態になってしまうんですね。

メリット② ミスマッチを少なくできる

人材と企業のミスマッチが起きてしまう大きな原因が、企業が提示している情報が少ないということです。
求職者は就職・転職活動をするにあたって、企業研究を行います。その中でデメリットになりうる情報も提示している会社は意外に多いのです。
なぜなら最初から「こんなデメリットもあります。でもこんな仕事ができます」と提示しておくことで、現実とかけ離れた理想を持った応募者が少なくなるからです。
企業側はミスマッチにより時間・コストの浪費を防ぐために、採用サイトで事実を伝えましょう。

メリット③ 実際に働いているイメージを伝えられる

企業サイトは基本的に取引先に向けた情報を載せます。そのため日常的な業務に関してなどを詳しく紹介することはできず、求職者は働くイメージが持てません。
採用サイト制作をすると求職者に向けた情報を詰め込めるので、実際に仕事をするシュミレーションもしやすくなるでしょう。

まとめ

企業サイトと採用サイトの違いは、見てもらう人の違いです。採用サイト制作をするときには求職者の目線に立つとより良いものが作れるでしょう。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*